オナ電

驚きました。彼氏とデートの日、待ち合わせ時間より早く着いた私はスマホをいじりながら彼氏が来るのを待っていました。その時、私の隣にいた女性が誰かと電話をしていたけれど、その会話に驚きました。 「えっ、こんなところで触れないよ。」「えっ、嫌いにならないで分かった。」横目でチラッと見ると彼女は自分の胸を服の上から触りだしました。「声なんか出せない。隣に人もいるし無理。」嫌がる彼女でも私から離れようとせずに会話を進めていました。「あっ、もう、感じてくる。」小声で話す彼女だけどその声は私の耳に入りました。オナ電していると思いました。だんだん私が恥ずかしくなりその場から離れたくなりました。 MGIというテレクラのツーショットダイヤル だけどようやく彼氏が来てそれと同時に女性はその場から離れて行きました。「お待たせ。」「よかった。もう、聞いてよ。」私は先ほどの出来事を彼氏に話しました。「オナ電とかする人今時いるんだ。」「もう、こんなところでやるなって感じだったよ。」「俺たちもオナ電やるか。」「何言っているの。」しかし、彼のズボンは少し膨らみがありました。この後ショッピングして、ご飯を食べてのデートプランでしたが、彼氏があまりにも興奮した状態になってしまい私自身も先ほどの出来事で少しやりたい気持ちもあったので私たちはそのままホテルへ行きました。「久しぶりのラブホだね。」部屋に着くなり彼はキスをしてそのまま私の服を脱がせ始めました。「早いよ。」「もう我慢できない。」 チャットオナニー テレビ電話
題名返信数名前最終投稿日時
<<<1>>>
本日:[ ]  昨日:[ ]  累計:[ 12 ]